とあるサッカーバカの日常。ジェフ、バルサを強力応援中、平山、坂本大ファンのゆうし~のブログです。よろしくお願いします!


by yushi-futbol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タイ 0-3 日本

アウエー2連戦、第2弾。
中東のアウエーとは、また違った空気のアウエー決戦でした。

この試合、サッカーバカ同志(笑)の先輩・Iさんと、
我が家にてテレビで観戦しました。
見始めた時間が少し遅かったため、トゥーリオの1点目は
見られなかったのですが。

2点目の、ボンバーヘッド。
いやぁ、やはり高さと勢いがありましたね。いいところにいました。
でも、Iさん、
「2点ともDFじゃん!」
・・・おっしゃる通りです。

後半は、タイも勢いに乗って攻めてきて、「危ない!」とまでは
言わなくも、前半に比べて攻め込まれる回数が増えていたような。
あと、タイの選手は足技が上手い。
足元でボールをちょこまかと動かし、味方につなぐ・・・で、
しかも時々面白いようにパスがつながる。
あ~こりゃいかん!
と思っていたら、フィニッシュまでいくまえに、何とか日本のDFが
抑えたていたり、拙攻に助けられたりで、事なきを得ていました。

決定的な1点を決め切れず、頭を抱えていたところに、
ようやっと3点目!
途中出場の中村憲剛が、流れからの、勢いのある1点を決めてくれました。
いやぁ良かった!
そして、あの得点に至るまでの、攻撃のつながりも良かったと思います。
こうして、2010年ワールドカップ・アジア3次予選、初のアウエーでの
勝利を手にしたわけです。

-----------------------------

欲を言えば、というか、もう1点は入っていても良かったかも、
という試合ではあったのだけど、とりあえずは、勝って良かったと思いました。
予選突破に王手をかける一戦として、引き分けでもいいとか、
そんなことは言ってられない試合だったと思うし。

残すは、ホームでの対バーレーン戦。
この試合に行く前に、3次予選突破を決めている可能性もあるけれど、
それでも落としてはいけない試合でしょう。
そもそも、ワールドカップの予選に、「落としていい試合」なんて
あるわけがない、と思う私です。

3次予選は通過点にしかすぎないし、最終予選だって、
ワールドカップで戦うための「通過点」にしかすぎないわけですから。
いい流れは、出来てきていると思います。
だからこそ、次も必ずや勝って、そして最終予選につなげてほしいものです。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-06-16 00:01 | Japan National Team

オマーン 1-1 日本

いい加減に、ではあるけれど、通して見てはいました。
(あ、でも、途中見てないところもあったか^^;)

まずは、オマーンの1点目。
あの位置から打たれたら、そしてディフェンスの間を
かいくぐってボールが飛んでいったら、
むしろ得点にならないほうが不思議、なシュートでした。
それを打たれる前に防げたんじゃないかなぁ・・・とは、
リプレイを見ながら思ったけれど、「後の祭り」ですね。

そして、後半の日本の得点。
あのPKは、遠藤じゃないと蹴れないよなぁ。
キーパー、ボールをチラリと見るも、微動だにできず・・・だったし。

試合を負けから救ったのは、やっぱり楢崎のPKセーブ、でしょう。
PKは、どう考えたってキーパーが不利、だけれど、
あの場でとめられたのは大きかった。

あと、もったいなかったのは、大久保の退場。
相手チームの選手も、その混乱の最中に松井を突き飛ばして
退場になっていた人がいた。

もう1点入れられた試合だったかもなぁ・・・と思うけれど、
気温が40度近くの中で試合をして、引き分けに持ち込めただけでも
今回はヨシとしないといけないか。
でもこれも、今だから言えること、のような気もする。
もうそろそろ、「負けなくて良かった」とは言えなくなってくるだろうし。

--------------------------

そして、EURO2008開幕。
前回2004年、開幕戦で破れ、同カードとなった決勝戦でも涙をのんだ
ポルトガルは、順当なスタートを切ったようです。
当地で夕方や夜に試合をするから、日本だと夜中か明け方・・・
そう、ドイツのワールドカップの時と同じ状態なわけです。
どれだけ試合が見られますやら・・・。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-06-08 12:31 | Japan National Team
年齢も近いし(誕生日が1か月くらいしか違わない)、
プレイスタイルも好きだし、なぜかとても、親近感の抱ける選手で。
ひそかにファンです^^;

一番覚えているのは、去年の今頃、姉崎にて。

練習後の出待ちをしていた私は、イヤーブックを開いて、
いろいろな選手にサインをお願いしていた。
結城選手は、いつも自転車で姉崎の練習場まで来ていて、
その日も自転車で帰るところだった。

自転車でこぎだそうとしているところを、
「結城選手、サインお願いします!」
と声をかけたら、自転車を止めて、自転車からおりて、
スタンドを立てて立ち止まってくれた。
丁寧にサインをしてくれて、そのあと数人のファンに対応したあと、
また自転車に乗って帰って行った。

なんていい人なんだろう。。。と思った。



怪我が続いたり、DF陣のスタメンが固定してしまって
それに食い込めなかったりして、結城選手の出場機会が
めっきり減っていたのは事実だった。
サブメンバーにでも、結城選手が入っていると嬉しかったりしたなぁ。
昨シーズンの最終戦、途中出場で最後のほうに、
少しだけプレイする姿が見られたのも、嬉しかった。

広島への、期限付き移籍。
広島には、昨シーズンの途中までジェフにいたストヤノフがいるから、
全然違う環境だけれど、何とかうまく、チームになじんで、
試合にたくさん出てほしいなぁ。
そして、移籍期間終了後、ジェフに戻ってきてくれて、
フクアリで、そして姉崎でも、その姿が見られることを、ファンとして
心待ちにしていようと思います。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-06-04 23:41 | J-League

2年前の再来、なるか。

「休暇をいただける」とのことなので、
今年の夏以降(10月か11月希望)に、バルセロナに旅立とうと思います。
2年前も確か、同じような時期に行ったなぁ。

休暇をとりたいと思う、2か月前には申し出ないといけないらしく、
そうなると、今の時点で早とちりして、休暇の申請を
出すわけにはまいりません。
だって、せっかくバルセロナに行くんだもの、Ligaの試合を見たいじゃん。
やっぱり、我らがFC Barcelonaの試合を見ないとね。

ということで、
まだシーズンも終わったばかり、ヨーロッパのサッカーは
欧州選手権へと突入していく中で、
来シーズンの日程を気にするサッカーバカがここにいます^^;

問題は、チケット入手方法。
Camp Nouで2回試合を見たけれど、2回とも、チケットは
人任せ、でしたから(おい^^;)。
それこそ、直前にならないと、曜日も時間も決まらないからねぇ。
ま、そういう細かいことに悩むのは、時が迫ってからにしますか。

今度は、マドリッドにも行こうかなぁ。
敵地・サンチアゴ・ベルナベウを拝んでくるのもまた、
一興かもしれませぬ。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-06-03 22:39 | FC Barcelona
日韓ワールドカップの開催に尽力された、
日本サッカー協会元会長の、長沼健さんが亡くなった。
そのやり方には、会長の座にいた頃も、賛否両論あったけれど、
私は、長沼さんが結構好きだった。
もう一度、会長をやったり・・・はしてくれないかなぁ、などと
思っていたくらいで。

現会長・川淵氏と、岡田・日本代表監督と同じく、
古河電工(ジェフの母体となった企業)の出身であることは、
実は今日初めて知った。

そして、日本サッカー界の「歴史的節目」に、何らかの形で
関わり続けてきた人でもあった。
日本が初めて、ワールドカップを目指した予選での得点者であったり、
オリンピックで銅メダルを獲得したときの監督であったり、
上にも書いたけれど、日韓ワールドカップの招致に尽力したり、と。
偉大な人が亡くなってしまったんだな・・・そう思った。

長沼さん、あなたの遺した功績は、きっとこれからも、
日本のサッカー界で輝きを失うことはないでしょう。
どうか安らかに、そして、天国から日本のサッカー界を見守っていてください。

-------------------------------

長沼さんの訃報に接し、喪章をつけていどんだオマーン戦。
私はこの試合を、ニュウスでチラリと見たのみでした。

ホームの「地の利」を生かしてか、攻めの姿勢がいつもよりも
全面に出ていたような。
あとは、「負けられない」試合であったから、というのもあるのでしょう。

ニュウスで見ただけ、ですが、大久保の得点(2点目)は、
あの位置からスペースを見つけて走りこんでくるあたりは、
さすがだなぁ、と思いました。
中村俊輔のゴールも、「らしい」ものだったような。

ここまでくると、ホームで勝つのは、もはや「当たり前」の話に
なってしまう気がします。
時をそんなに置かずして、土曜日(7日)、今度はアウエーでのオマーン戦。
ここは、ただで勝たせてもらえるほど甘くはないと思います。
オマーンにとっては、今日勝てなかっただけに、必死さは増すだろうし、
何より今度は、オマーンにとって「地の利」を生かせる場所なわけだし。
そういう場で勝ててこそ、「ワールドカップ」とぃう、先が見えてくるのではないかな、と
偉そうに(?)思いました。

-------------------------------------------

詳しくは書きませんが(書けませんが)、
考えさせられるひとことに出会いました(悩む、ともいう)。
そうでなくても、「考えさせられる」ことの多いこの頃、でした。

「神様はいじわるだ」

いやほんとに。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-06-03 01:32 | Japan National Team