とあるサッカーバカの日常。ジェフ、バルサを強力応援中、平山、坂本大ファンのゆうし~のブログです。よろしくお願いします!


by yushi-futbol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

友達からのメールと、後半をちょっと見ただけなので、
あまり多くは語りませんが^^;
だって、目前にしたゴールは山瀬の2点目(全体では3点目)だけだし。
あの山瀬のゴールは、ちょっとあいたスキをうまく狙って、
それをしとめた!みたいなゴールでしたね。
すばらしい!

プレイバックと、夜のニュースで見た1点目(中澤)と2点目(山瀬)も
なかなかいい得点でしたね。
空いたスペースにうまく入り込んだり、ボールの動きを見て先手で
前に走っていったり、「おぉ!」と思いました。

夜のニュースで、福田さん(元レッズ、今季からコーチに就任)が
言っていました。
「シュートを打たなきゃ、点は入らないんです!」
・・・おっしゃるとおりです。
かといって、むやみに打てばいいか、と言われたら、
そういうわけではないんだろうけど。

例をあげると、内田がいい位置からゴール前まであがっていった時。
確か、真ん中に上がってきた高原?がくるのを見て、
ボールを上げていたシーンがあったかと思います。
あそこは、内田が打っちゃっても良かったかも?とも思いました。
でもそういうシーンで、自分のほうにDFを引き寄せておいて、真ん中に
上がってくるFWをフリーにさせるほうがいい時もあるから、
なかなか判断には難しいところかもしれませんが。。。

さて。
3得点、という結果と、私は前半を見ていなかったので分かりませんが、
何か「課題」もあったでしょう。
1週間後は、力とシステムを試す、なんてことは言っていられない、
大事な大事な、ワールドカップ3次予選。
相手が誰だからどういう戦い方、ではなくて、とにかく「勝て」!という
気持ちで、応援しようと思います。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-01-31 12:53 | Japan National Team

many way to any way

どんなわけか、こんな言葉が頭に浮かんで離れない
yushiです、こんばんは。

チリ戦、見ましたよ~。
久々に代表戦をちゃんと見たような・・・って、そもそも代表戦じたいも
久しぶりだったわけですが。
あ、でも、後半はほとんど見れなかったんだった(爆)。

この一戦だけで、いろいろというには、まだチームが
「出来あがって」いないのかなぁ、と思いました。
手探りの状態、の観は否めなかったような。

明日は、オシム前監督の母国・ボスニア・ヘルツェゴビナ戦。
仕事の具合で、見られるかどうか非常に怪しいのですが(泣)、
オシム爺様に、もし見てもらえているのなら、
少しでも目に見える「何か」を見せつけてほしい、なんて
思ってしまいます。


余談@チリ戦。

国歌斉唱の時に、チリ代表の何人かが、エスコートキッズを
自分の着ているベンチコートでくるんでやっていたり、
手でさすってあたためてやっていた姿は、何かこう、
ほほえましいものがありました。
季節が逆の国から来た彼らも、さぞかし寒さはこたえただろうなぁ・・・。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-01-29 23:11 | Japan National Team

観戦予定。

まだシーズンの、日程のみでカードが決まっていない段階で、
1つだけ確定しました!

それは、
ゼロックススーパーカップ@国立(3月1日)。
友人で、「行こうかな~」と言っている人を発見し、
便乗することに(笑)
まだちょっと先ですが、楽しみです。

当初は、ちばぎんカップ@フクアリ(2月24日)に行こうかと
していたんですが、迷っていつつ、チケット取りなどのアクションも
起こしてなかったし、久々(一昨年のナビスコ決勝以来)の国立も
いいな~と思って、ゼロックスに行くことにしました。

1月と2月は、親善試合も含めて代表戦もいくつかありますが、
場所と時期を考えると、ちょっと厳しいなぁ・・・ということで、
今年の初観戦は3月までおあずけです^^;

リーグとナビスコ、今年は何試合行けますやら。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-01-15 23:01 | 観戦記。

今年初。

今年もよろしくお願いします。
もう2008年になってから、2週間経ってしまいましたが^^;

一時期落ち着いていた、と思われたジェフの選手の移籍が、
とんでもないことになっています。
詳細については、まだ公式サイトに載っていないものもあるので
敢えて書きませんが。

選手は、チームのものではなくて、でも選手は、
チームに所属して初めて、活躍の場を得ることができます。
だから、「もっと試合に出たいから」とか、「いつかは故郷に」とか、
様々な理由をもって、様々なチームを渡り歩く人がいても、
全く不思議ではありません。
その場で活躍できるのならば、「選手」としていられるわけですから。

でも今回の、(今の段階では公式サイトに出ていないものも含めて)
主力の抜け様といったらもう。
せっかく、熱烈なオファーを出して、迷いに迷った結果、
我らが坂本隊長がジェフに戻ってきてくれる、というのに。
隊長と戦いをともにしてきたことのある選手が、ほとんど抜ける、ってどうよ。

どういう理由で移籍するのかはわからないので何とも言えませんが、
もし、チーム側に「引き止めておく」何かがなかったのだとしたら。
今後もこのような事態は起こりうるような気がします。
「ミスタージェフ」
この言葉が聞かれて、この言葉を背負う選手が出てくる日が、
遠ざかってしまったような気がしてなりません。

------------------

上にもチラッと書きましたが、
「坂本將貴選手、千葉へ移籍」
のニュウスには、とても驚きました。
そして、嬉しい反面、どこか複雑な心境でもありました。

新潟へ移籍して、チームにすぐにフィットして、結果も出して
オールスターにも出て。
隊長は「新潟の人」になったんだなぁ・・・と思っていたところでした。
ジェフ、新潟、相方の公式サイトでの隊長のコメントを読んで、
新潟へ移籍する時と同様に、ものすごく悩んでの決断だったんだろうなぁ、と
思うに至りました。
その決断が、新潟への移籍の決断のときのように、結実することを
切に願うほかありません。

隊長、おかえり。
ジェフは今、とても大変だけれども、あなたなら、「変えていける」と思うし、
変えていってほしいと思うよ。
[PR]
by yushi-futbol | 2008-01-14 17:26 | J-League