とあるサッカーバカの日常。ジェフ、バルサを強力応援中、平山、坂本大ファンのゆうし~のブログです。よろしくお願いします!


by yushi-futbol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

名古屋グランパスエイトvsジェフユナイテッド市原・千葉

さて、Jリーグも開幕です!
今シーズンから、1ステージ制。週に1試合。
山本昌邦監督@ジュビロ磐田いわく、
「1週間に2試合なんてのは、選手にはきつすぎる!」
・・・これはきっと、アジア版CL(正式名称忘れた)、日本代表、
いろんなことにかりだされる選手を抱えるチームの監督としての
ひとことでしょうか。

でも、冷静になって振り返ってみたら、やっぱり1週間に2試合
なのね^^;
何を勘違いしたんだろう、私(爆)。

まぁそれはさておき。

行ってきました、今シーズン初観戦@瑞穂陸上競技場。
その試合の、個人的感想をば。



試合開始は2時3分。
毎度のことながら、この「3分」という微妙な数字は一体
なんだろう?と思う。

スタジアムには、試合開始1時間半ほど前に到着。
開幕戦来場者にプレゼントされる、というノートをもらい、
売店を物色しに行く。
適当に見た後は、早々と席へ行くことに。
ちびっこたちが、ピッチ上でいくつかにわかれてサッカーをしていた。

同行者のIさんは、これまでに私が8回サッカー観戦しているうちの、
5回をともにしている人である。
グランパス対ジェフ戦は、なんともう3回目。
何故ジェフ戦なのか?・・・Iさんが、阿部勇樹と佐藤勇人のファンだから^^;
Iさんがトイレに行こうと席を外したとき、ちょうど選手を乗せたバスが
到着した時だったらしく、
「阿部っちがおった(いた)よ~」と。
私も見たかった・・・

席は、メインスタンド側のカテ3。
瑞穂陸上競技場は、そんなに大きくないところだから、陸上トラックで
隔てられているとはいえ、結構近くで選手の動きがみられる。
アップをしているジェフの選手を間近で見て、二人でかなり興奮(笑)。
そうこうしているうちに、選手はピッチに散っていき、アップをする。
頑張れ櫛野!
走れよ勇人!
キャプテン阿部っち!
守れよ水本!
・・・と、気になる選手を追いかける。

そして、試合開始。
ウェズレイ、マルケスの2トップは、やっぱりいつ見ても恐ろしい。
あのスピードで迫られたら、相当すごいだろうと思う。
あと、その後ろに控えるMF・クライトン。新加入のMF・安もちょっと
かすんでしまうくらいのすごい3人。
それに対してジェフは、粘りでチャンスをうかがっている感じだった。
スピードは明らかに、グランパスのほうが上回っていた。
そして、走りこむウェズレイをペナルティ・エリア内で倒してしまい、
PKを与えてしまう。
それを難なく決めたウェズレイ。前半39分、グランパス先制。
そのままの流れで、前半終了。

後半開始後、サイドチェンジをして、櫛野がはるか遠くにみえたけれど、
頑張って応援。
しかーし、後半9分、DF・古賀に、グランパスの2点目を許してしまう。
ジェフのDFのミスがあったのか、自分が動けなかったのがよほど悔しかったのか、
地面をたたかんばかりの勢いで、悔しさを全面に出していた櫛野。
その後も幾度か訪れたピンチを防いでいたのはさすが。
グランパス・古賀の得点が決まったあと、相手陣内に攻め込んでくる
ジェフのMF・水野と、その古賀が、ものすごい音を立てて激突。
「ボコッ」という音とともに、水野が倒れこみ、古賀も苦しむ。
タンカーが出動し、そのまま水野はそれに乗せられて、あえなく退場。
相当危険だったのだが、ボールが離れた後の激突だったからか、カードはなし。
これはかなり、疑問でした。

水野の退場、奮闘していたMF・羽生の交代。。。
DF・水本は、勢い余って何度か相手FWの上にのっかるくらい体を張って
ディフェンスを展開。
でも、攻撃陣がゴール前まで行っても、楢崎やDF陣の牙城を崩せなかった。
残り10分。
「あー、今日は負けやね~~」と言っていたところだった。
すると、終了9分前、ゴール前の混乱から、MF・坂本が得点!
1点返したことに、少なからずいたジェフサポとファンは大喜び。
「でも負けか~」と思っていたところ、終了1分ほど前に、巻が蹴りこみ、それを
楢崎がキャッチ・・・しかし勢いでなのか、後ろに転がってしまったときに、
ボールが手から離れ、そのままゴールイン・・・。
ジェフサポ、ファン、大喜び!
楢崎、グランパスサポとファン、落ち込む・・・。

そして、同点のまま、試合は終了。
終了のホイッスルが鳴った瞬間の楢崎のヘコみようが、痛々しかった。
あれはへこむわ・・・取ったもんだと思っていたボールを落としてしまったこと、
それと同時に、グランパスチームの勝ち点3も落としてしまったこと。
ジェフにとっては、落としたと思っていた試合で、勝ち点1を拾った格好になったから、
相当ほっとしただろうし、嬉しかったに違いない。

試合終了後、サッカーの試合を観に行って初めて、選手の出待ちを
してみることにした。
どのくらい待っていたかわからないけれど、遠くのほうで家族とじゃれる(?)
ウェズレイ、マルケス、クライトン。
サポやファンの声援に、あまり答えずにすたすたと車に乗り込んだ楢崎。
チームが用意したタクシーか車に乗り込んでいった本田。
そこへ、入り口から出てきて、サポやファンが待っているところに歩いてくる
選手がいた。
新加入の杉本。
手を差し出す一人一人と握手をし、どこまで来るのかと思ったら
私とIさんのいたところにも来たので、握手をする。
その列が途切れたところで、ちびっこたちからサイン攻めにあっていた。
30分くらいして振り返ったら、まだいるじゃん、杉本(笑)。
せっかくだしなぁ・・・と思って、今日入場したときにもらったノートと、いつも
持ち歩いているボールペンを持って、その集団にまじり、サインをしてもらった。
ボールペンの出が悪くて「ごめんなさい・・・」と謝ってしまった(おい)。
杉本は、FW。グランパスのFWといえば、ウェズレイにマルケス、と、相当の
強豪ぞろい。道は厳しいけれど、頑張って!・・・と思った。
こうやって、ファンと触れ合う事を大切にする選手は、いい選手に
なれるだろうな、と思ったよ。
その後、どこからともなく現れた友達3人と一緒に、普通に歩いて帰っていった。
Jリーガーも、普通の人だなぁ。。。と思った瞬間でした^^;

その後、安が車に乗っていくところを見たり、ジェフの選手がバスで出てくるところを
目撃したり、と、試合後もしっかり楽しんできました。

審判の判定に疑問を持ったり、茶野と村井が抜けた穴は大きいかもなぁ・・・と
思ったり、それでも土壇場のところで同点にしたジェフは、
やっぱり粘りのあるチームだろうと思った。
先は長い、そして厳しい。でも、勝ち抜いていってほしいと思った。
今回、もともと気になっていた選手も含めて、応援したくなる選手が
増えた。
生で見て、選手の動きや声、音も、テレビで観ているよりも、当たり前だけど
身近に味わった。
やっぱりサッカーはいい。また観に行こう、と思う。
[PR]
by yushi-futbol | 2005-03-05 23:11 | 観戦記。