とあるサッカーバカの日常。ジェフ、バルサを強力応援中、平山、坂本大ファンのゆうし~のブログです。よろしくお願いします!


by yushi-futbol
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

移籍話に思うこと。

怪我さえなければ、アテネで活躍できたかもしれない、
そんな選手の1人、MF・山瀬功治@浦和レッズが、横浜マリノスへ完全移籍。
このニュウスをみて、思ったことがあった。



きっと苦しい決断だったのだろうと思った。
それは、山瀬のコメントを読むとよくわかる。
レッズには、候補だった人も含めて、アテネ戦士が何人かいる。
DF・トゥーリオ、MF・鈴木啓太、FW・田中達也、そしてMF・山瀬功治。
アテネの時も思ったけれど、アテネ戦士のみならず、日本代表も何人かいて、
代表の試合があれば、何人もいなくなるのが常、というような状態にありながらも、
レッズの強さは結束の強さだと思った。
そこにこそ、レッズの強みがあるように持った。
その中に、コンサドーレ札幌から移籍してきて2年目だった山瀬は、
本当にうまくはまっていたと思う。

怪我がくやまれるのは、何も試合に出られないとか、いい結果が残せない
ということだけではなくて、いる場所すら変えてしまうことにまで
及んでしまうことかな、と思った。

マリノスも、レッズに勝るとも劣らぬ、いやむしろ、代表クラスの選手という
意味では、マリノスのほうが上か?と思うくらいだけど
(怪我に苦しんでいる人もいるけどね・・・)
だからこそ、戦う場として移籍を選んだのだとすれば、その行く先が
多難ではないことを、一アテネ戦士ファン(なんじゃそら^^;)としては
願わずにはいられません。

山瀬、マリノスへ移籍
情報源:J's GOAL
[PR]
by yushi-futbol | 2005-01-25 14:15 | J-League