とあるサッカーバカの日常。ジェフ、バルサを強力応援中、平山、坂本大ファンのゆうし~のブログです。よろしくお願いします!


by yushi-futbol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

まだ若いからね、その2。

立て続けに書いてしまおう。

その2は、若干19歳にして、イングランド代表の、そして
所属チーム・マンチェスターユナイテッド(以下マンU)のFWの
スタメンをはる、「怪童」ウェイン・ルーニー。

最近、「悪童」という、ありがたくないニックネームが
定着しつつあるルーニー。
チャンピオンズリーグ第1戦で、やらかしてしまいました。



カードは、
ビジャレアル対マンU。
結果だけ見れば、0-0のガチンコ勝負だったわけですが。

ルーニー、イエローを2枚もらって退場しています。
その原因は、まず1枚目は、足を引っ掛けて相手プレイヤーを
倒してしまったこと。
その判定にブチ切れたルーニー。
「非紳士的行為が大嫌い」という主審の目の前で、
「よくもそんな判定が出来たよな」とでも言いたげに、拍手をするような
行為に及んだそうです。
これが審判への侮辱ととられ、2枚目のイエローをもらい、
あえなく退場。

試合を観ていたわけではないので、ルーニーが相手を倒してしまった
経緯がわかりませんが、ひとこと、
「何やってんだ、ルーニー」
と思いました。

見た目怖いです。あんなFWに向かってこられたら、あたりの強い
DFとて、一瞬でもひるんでしまうのではないか、と思うくらい。
おまけに、若さに溢れています。勢いだけでは、誰にも負けない、という
くらいに。
その突破力と攻撃力があってこそ、イングランド代表でも、マンUでも
スタメンをはれるわけだし。
カードをもらうたびにブチ切れていたり、先輩になだめられても
暴言を吐き続けたり。
今はまだ、それでもプレイを観てくれる人は多いでしょうけれど、そのうち
そうもいかなくなっちゃうかもしれない。
これこそ本当にもったいない。
イングランド代表にも、マンUにも、なくてはならない存在なんだし。

マンUのFWというと、同世代のクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)、
大先輩のルート・ファン・ニステルローイ(オランダ)がいます。
ともに戦い、教えられる仲間には、マンUでも代表でも、ものすごく
恵まれていると思うのです。
今頃、ファーガソン監督に、お灸を据えられているかもしれません。

今年20歳、の若者・ルーニー。
もうあと1、2年もしたら、下から追い上げてくる更に若手の世代が
台頭してくるかもしれない。
ここらで、プレイスタイルの勢いはそのままでも、ブチ切れないキャラに
なることが必要でしょう。
今でも既に、押しも押されぬFWのひとり。
それより更に評価を高められるか。今の時点でのある意味での「我慢」が、
それにかかっている気がしてなりません。
[PR]
by yushi-futbol | 2005-09-16 11:22 | Jugadores (Players)