とあるサッカーバカの日常。ジェフ、バルサを強力応援中、平山、坂本大ファンのゆうし~のブログです。よろしくお願いします!


by yushi-futbol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

3年前のワールドカップ。

日本が、ドイツ行きを決めて、ふと3年前の日韓共催ワールドカップを
思い起こしてみました。

========================================
開幕戦、フランスが負けた試合を目にしました。

日本代表の初戦も、目にしました。

でも、ロシアに勝った試合は、機上の人だったため、
目にすることが出来ず。




日本対トルコ。その頃私はバルセロナにいました。
「トルコには勝つでしょ~」と、授業をすっぽかして
観に行こうかどうしようか迷っていた私と友達は、
観に行かない事を選びました。
これはかなりの後悔。

イタリア対韓国、スペイン対韓国。
いわくつきの試合も目にしました。イタリア人の怒りっぷりが
忘れられません。
スペイン対韓国戦をバルで観た後の、別のバルでのおじちゃんの
一言にヒヤリとしました。
「お前らはいいなぁ」
『は?何が?』
「だって勝ったじゃないか」
『いや、私たち韓国人ぢゃないですから』
街で、サッカー少年っぽい子に、ギロリとにらまれたりもしました。

この試合、何よりも残念だったのが、この時点での
代表引退を表明していたイエロの最後の姿だったこと。
当時、スペイン代表では一番好きだったイエロの姿が
見納めかと思うと、残念でたまらなかった。
試合が終わって、エンドロールが流れているところで、
エルトン・ジョンの「Your Song」にのせて試合のハイライト、
代表の面々がうつっているのをみて、危うく泣きそうになりました。

その次の日。
一緒に観ていたのとは別の友達んちで、SPORTというスポーツ紙を
観ながら、審判がいかにおかしかったか、を分析。
「オンラインじゃん、ボール入ってんじゃん!!」
などと、お昼ご飯を作りながらまくしたてる。

決勝。
朝からバルにかけつけ、混みあう中観戦。
ロナウドの、大五郎な髪形に爆笑し、あっけない失点に
唖然とし、ブラジルの勝利に拍手を送りました。
ブラジルの選手がみんな、輪になって健闘を称えあう姿は、
とても美しいものを感じました。

日韓共催のワールドカップ。
その盛り上がりようを開催地で味わうことが出来ないのは、
サッカーバカとしてはある意味致命的かと思いました。
でも、さすがサッカーの国・スペイン。
もしかしたら日本にいた以上に浸れたかもしれません。
いつも、海外での試合は時差と睡眠不足に苦しんでいましたが、
このときは逆のパターン。
母国で行われている試合を、時差のある場所で観る、という、
なかなかない経験(?)も、貴重だったかな、と。

その夏、バルセロナの街で、ベッカムな髪形(これは後で知ったんだけど^^;)を
している日本人をみたり、
日本代表のユニを着ているヨーロッパ系の人をみたり、
もちろんスペイン代表やセレソンのユニの人もみたりしました。
=========================================

全てがワールドカップ、サッカー一色だったあの夏。
一年後のあの舞台がどう輝くのか、今から楽しみです。
[PR]
by yushi-futbol | 2005-06-11 02:18 | Otros (Others)