とあるサッカーバカの日常。ジェフ、バルサを強力応援中、平山、坂本大ファンのゆうし~のブログです。よろしくお願いします!


by yushi-futbol
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

移籍決定。

以前、ここでも書きましたね。
この時点では、「レッズ移籍、ほぼ決定か」などと言われていましたが。

俊哉のホームペイジでも、
そしてジュビロ、グランパスのホームペイジでも、発表がありました。
グランパスのホームペイジには、会見の様子も載っていました。





俊哉本人の日記、そして会見の様子を読んでいる限りでは、もう随分前から
自分の方向性とチームの方向性の違和感に悩み、新しい挑戦が
必要だ、と思い続けていたことがわかりました。

そういえば、今年の初め頃だったでしょうか、ちょうど天皇杯が終わったあとくらいにも、
「藤田俊哉、移籍か?!」というニュウスが出たことがありましたね。
あそこで思いとどまったのは、「もう少しジュビロでやってみろ」という話が
あったから、だとか。

俊哉がやりたいと思うサッカーが出来る場所ならば、そして出場機会に
恵まれるならば、私は移籍は十分にありうる選択肢だと思ってはいる。
でも、前にも書いたけれど、というか、あのときに書きつくしてしまったのだけど、
どうしてこうも、複雑なのだろう。
藤田俊哉という、1人のプロサッカープレイヤーを応援するファンとしては、
今まで観てきた場所ではないところに移る、というのは、多少なりとも
寂しさなりなんなり、感じるのかもしれない。

本当は7月に、俊哉のプレイと山本監督を観に、グランパス対ジュビロ戦を
観に行く予定でした。
今でもその予定は変わっていませんが、ホーム側とアウエー側、どちらに
行ったらいいのだろう、と悩みます。

あと、これは考えたくないのだけれど、ブーイングの話。
戦力外通告を受け、泣きながらチームを去った秋田ですら、鹿島サポから
ブーイングを受けました。
今期だと、山瀬に対するレッズサポのブーイングもすさまじかったと聞きます。
その行為自体を批判する気は全くありません。
チームを愛するサポーターにとっては、そこを去っていく選手は、理由は何であれ
批判の対象となってしまうのでしょう。
時には、「裏切り者」とも思われてしまうのかもしれません。

私はサッカーバカですが、日本のチームは特にどこのサポーターという
わけではありません。
好きな選手は、それこそ日本中に散らばっています。
プレイヤーを観るのが好きなんですよね、結局は。
だから、どこでプレイするにせよ、俊哉のプレイする姿を観られるならいいじゃん、と
思うわけです。
ブーイングを聞くことになってしまうことを想像するだけで、何故かとても
しんどく思います。
おかしいですな。

とにかく。
これで、落ち着かなかった俊哉の行き先が落ち着きました。
それは本当に、良かったと思う。
グランパスでも輝かしいプレイを観られる事を願って。
[PR]
by yushi-futbol | 2005-06-07 02:22 | Toshiya Fujita